投資家の間でも話題沸騰。マイニングシティの新案件「エレクトリックキャッシュ」の運用について

2019年末頃から2020年にかけて、急速に成長した仮想通貨と言えば「ビットコインボルト(BTCV)」ですよね。

2019年12月に仮想通貨取引所「COINEAL(コインニール)」に上場したビットコインボルトですが、瞬く間にその価値を上昇させて行きました。

1ドルスタートで上場したビットコインボルトの価格は現在100ドルに迄膨れ上がっています。

もちろん多少の増減は見受けられましたが、現在でもこの価値を維持し、特に上場した瞬間にその価格が大きく上がるのが仮想通貨にはよくある話だったものが、かつてのビットコインのように、その価値がこれから大きく上がると予測されている仮想通貨として、投資家、資産家と名の付く方々がこぞって注目を寄せているのが「ビットコインボルト」です。

ネットなどにはなんとなくの情報、良い噂悪い噂が流れていたりと、結局何が本当のところなのかとわかっていない人も多いかもしれませんが、成功している資産家、投資家などの“情報感度の高い人たち”の間では、ビットコインのデメリットをカバーした大注目の仮想通貨として、現在多くの参入者が溢れています。

そしてそんなビットコインボルトの価値を更に確実なものにする為に、マイニングシティから『エレクトリックキャッシュ』の運用が開始されました。

この時点で「ビットコインボルトって何?」「マイニングシティ?」「エレクトリックキャッシュ???」と話についてこられない皆さん。

ハッキリ言います。

人生で大損こいてますよ。

実際問題として、私は2020年に「ビットコインボルト」の運用を始めたことで自身の総資産を50倍以上に膨らませる事に成功しています。

私自身反省するところとして、ビットコインボルトはしばらく様子を見ていてしまった為に50倍ほどにとどまってしまったかもしれませんが、仲間内の言葉を信用して買いを始めていればその資産は100倍に膨れ上がっていたかもしれないと考えると悔やんでも悔やみきれないほどです。

しかし、そんな私にも2021年、チャンスが訪れました。

ビットコインボルトでの功績が記憶にも新しい中で、マイニングシティの「エレクトリックキャッシュ」の運用が始まるというのですから。

今度は乗り遅れるつもりはありません。

そして、私のような過ちを犯さないで頂きたい、という思いから、の今大注目の「エレクトリックキャッシュ」について、その登録方法や運用プランなどを元に、皆さんにチャンスを掴んで戴くために、ここにその全てを記していきたいと思っています。

まさにこのサイトにたどり着いたあなたはラッキーと言えるでしょう。

もちろん参加は自己責任になりますし、興味がない人はこの場でブラウザを閉じて頂いても構いません。

但し、半年後には大きな後悔をする事になると思います。

それくらいの価値と、信頼のあるマイニングシティの「エレクトリックキャッシュ」について。

少しでも興味を抱いた方はどうか最後までお付き合いください。

仮想通貨の運用を始めたい方へ

悪評はない?マイニングシティとは

悪評はない?マイニングシティとは

エレクトリックキャッシュはマイニングシティがビットコインボルトの価値を上げる為に運用を開始した新たな仮想通貨

ということはまず一番に知っておかなければいけないのはの「マイニングシティ」というもの。

既に昨年のビットコインボルトの功績によってその名前を知っているという人も少なくはないと思いますが、読者の方の中には初めてこの名前を耳にするという人もいるかもしれません。

そこで、のエレクトリックキャッシュの可能性をしっかりとお伝えさせていただく為にも、まずはの「マイニングシティ」のことについてをしっかりとご説明しておきたいと思います。

仮想通貨(暗号通貨)のマイニングとは

マイニングシティとは、その名の通りマイニングを行っている企業です。

マイニングというのは仮想通貨がブロック毎を繋ぐために必要な計算であったり、新規発行の際に必要な情報処理のようなものと考えてみて下さい。

このマイニングというものが行われる事によって、実態のない通貨である仮想通貨に、しっかりと通貨としての価値が生み出されるようになるんです。

しかし、このマイニングという作業は、これまでの取引の履歴などとの整合性をとらなければならないというような事から、膨大な情報の処理が必要となってきます。

このマイニング行為というのは有志によってマイナーと呼ばれる個人や企業が行っているのですが、今の時代、仮想通貨のマイニングに関わっている人は非常に多く、またマイニングに必要な設備や環境なども、一個人では企業のそれには到底太刀打ちできないようなものとなっており、マイニングはマイニングを専門に行う企業が行うというのが一般的になっています。

マイニングを行うことで、その作業の報酬として仮想通貨が支払われたり、と。

仮想通貨で稼ぐ方法の一つとしてマイニングは多くの人が取り組んでいる事ではあるのですが、先ほどお伝えしたように、一個人ではなかなかマイニングで報酬を得るというのは難しいんです。

そこで今の時代にマイニングで稼ぐ為にもっとも普及しているサービスが「クラウドマイニング」というもの。

これは、マイニングを行う企業(今回の場合で言う「マイニングシティ」の事。)に対して資金投資をして、そのマイニングを行っている企業が得たマイニングの報酬から投資額に応じての配当をもらうという形で利益を得る方法。

このクラウドマイニングというサービスが今ではマイニングで利益を出すための常套句と言えるようなものになっているのです。

そんなクラウドマイニングを行っているのが、「マイニングシティ」というものなのです。

クラウドマイニングとしてのマイニングシティ

実際にマイニングシティがどういう所かというのを説明していきたいと思います。

マイニングシティとは、「ビットコイン」や昨年その価値が爆上がりした「ビットコインボルト」というような暗号資産のマイニングサービス(クラウドマイニング)を提供している企業。

マイニングプランを購入した会員向けに暗号資産のマイニングに必要となる「ハッシュレートのレンタル」を行っています。

マイニングのパッケージを購入する事によって、毎日マイニング収益を得る事が出来るようになっていたり、紹介報酬プランなどもあり、紹介によって報酬をもらう事も出来るようになるといったようなサービスです。

口コミでも評判のマイニングシティ評判は?

マイニングシティは「最高レベルのクラウドマイニングサービス」と言われています。

その理由の一つとして、業界大手の「MINEBEST」とも提携してマイニングのサービスを運営しているという事実があります。

MINEBESTは世界で初めて政府に公認されたマイニングファームを運営している、世界トップクラスのマイナー。

ということをMINEBESTのCEOであり、取引所、マイニング機器、マイナー、個人投資家、世界のマイニング業界を統括しており、デジタルマイニング協会の代表を勤めるイエール氏が話しています。

そんなマイニングシティには高配当を実現出来る理由が備わっており、徹底したコストダウンによる高い配当を実現しているようなんです。

マイニングをする上でどうしても重要なコストとなる事の一つに「電気代」の問題があります。

実は、1BTCのマイニングに必要な電気代は韓国でも280万円という高コストがかかると言われており、マイニング事業としての採算も取れないような状況だと言われています。

しかし、MINEBESTがマイニングをしているのはカザフスタンという国で、なんと1BTCのマイニングの電気代は約30万円以下となっているのです。

こうした低コストでマイニングを行うという事が高配当を実現するために必要な事なのです。

また、MINEBESTが拠点をおく、中央アジアのカザフスタンという地域は寒冷地であるという事もマイニングの配当にはかかわってくるのです。

機器というのは熱に非常に弱いので、空調コストというのもまたマイニングのコストとして無視できな部分となっているのです。

しかし、カザフスタンは寒冷地なので、この空調コストを削減しやすいという強みも持っているのです。

このように、季節に関係なく、空調設備を必要としないような、超低コストのコンテナを採用しているという事から、マイニングには必要な低コスト高配当を実現する事が出来ている。

こういった事実がマイニングシティがクラウドマイニングサービスとして最高レベルと呼ばれている所以になっているのではないでしょうか。

ちなみに、カザフスタンは人件費、税金などの面でもコストを抑える為には適している国です。

さらに、ここまでの説明でもマイニングシティの凄さが伝わっているかと思うのですが、なんとマイニングシティは、世界トップマイナーの「BTC.com」との業務提携をしているようです。

仮想通貨の運用を始めたい方へ

リスクはある?エレクトリックキャッシュとは

リスクはある?エレクトリックキャッシュとは

さて、ここからはいよいよ「エレクトリックキャッシュ」について説明していこうと思います。

まず始めのほうに簡単にお伝えしましたが、このマイニングシティの始めるエレクトリックキャッシュという仮想通貨は、実は昨年爆上がりしたビットコインボルトの価値をさらに上昇させる為に生み出されたものなんです。

それがどういう事なのか、という事をまず説明させて頂きたいと思います。

仮想通貨というのは、その需要が高まれば価値が上がっていきます。

まあこれは仮想通貨に限った事ではありませんが、需要が高まれば価値が上がる。

つまり、逆を言えば需要がなくなるとその価値は下がってしまうわけです。

ここでちょっと考えてみてもらいたいのは、昨年その価値を100倍にも上昇させたビットコインボルトですが、例えばこれがあるタイミングで一斉に売りに出されたらどうなるでしょうか。

そうです、保有者は一攫千金をつかみ、一気に手放されたビットコインボルトはその価値を落としてしまうわけです。

現状としてはビットコインボルトは流通通貨としてはまだまだ不向きな部分があるので、流通に使用させる通貨を必要としている場合にはビットコインボルトを売って得た報酬にて流通資産を築いていく必要があるわけです。

この辺の事に関してはビットコインボルトに限らず、ビットコインやそのほかの仮想通貨に関しても全体的に言える事なので、特別ビットコインボルトだけの問題ではないのですが。

しかし、そこに流通用の通貨が参入してきたらどうでしょうか?

しかもビットコインボルトを保有している人にお得に。

そうなればビットコインボルトをわざわざ手放す理由もなく、ビットコインボルトはその価値を上昇させ、さらにはビットコインボルトの保有者も流通するための通貨を獲得することが出来る。

つまり双方にとって理想的なWINWINの関係が成り立つという事ですよね。

そうした用途で誕生しているのがこのエレクトリックキャッシュという仮想通貨なのです。

どうでしょうか?

多くの人達が期待を寄せている理由というのもなんとなくわかってきたのではないでしょうか?

不安を感じる方は、素晴らしい知識を持った方がアドバイスをくれるリンク先を見つけたので、そちらでLINE登録をしてアドバイスを貰うのも良いと思います。

仮想通貨の運用を始めたい方へ

エレクトリックキャッシュって誰得?

ビットコインボルトの価値を上昇させる為の通貨だと言うなら、ビットコインボルトを持ってない人にはなんの意味もないのか?

と思う気持ちもわかりますが、もちろん答えは「NO!」です。

もちろんビットコインボルトを多く抱えている人であればより莫大な利益を生み出す事は容易でしょう。

しかし、エレクトリックキャッシュは2021年2月に上場された新たな仮想通貨です。

そして、これまでの理由からお分かりの通り、一気に需要が高まり高速で爆上げする可能性を秘めている期待大の仮想通貨なのですから。

それはつまりエレクトリックキャッシュ自体も大きな結果を残す事がほぼ確定している仮想通貨であると言っても過言ではないわけです。

なのでもちろんこのタイミングでエレクトリックキャッシュのマイニングプランの購入をしていおけば、今あるその資産も何十倍、何百倍と膨らんでいく可能性を持ち合わせているのです。

というか、過去の実績からしてその道を辿るであろうことがほぼ確定していると思ってもらって良いものなんです。

つまり、決してこれまでにビットコインボルトを保有しているという人だけではなくて、これから仮想通貨を始めてみたいと思っている初心者にとっても文句なくオススメ出来る仮想通貨であるという事が言えるわけです。

仮想通貨の運用を始めたい方へ

エレクトリックキャッシュのコインの保有方法

エレクトリックキャッシュのコインの保有方法

マイニングシティが2020年にその価値を爆上げしたビットコインボルト。

そしてそのビットコインの価値を落とさない為に誕生したエレクトリックキャッシュ。

そんなこれから価値が爆上がりする事が明確であるエレクトリックキャッシュを保有する為にはどういう方法があるのか。

ここではエレクトリックキャッシュの保有方法について説明させて頂きたいと思います。

エレクトリックキャッシュの保有方法には様々な方法があり、そして、効率的な運用方法方を用いる事でその資産を短期間で何倍にも膨らませる事が出来るようになっているので、自分のやり方に合った方法で、ガッツリと稼いで見て頂ければと思います。

エレクトリックキャッシュのマイニングプラン

やはりエレクトリックキャッシュを保有する為に一番ベーシックな方法として一番にお伝えするのはエレクトリックキャッシュのマイニングです。

特にアーリーアダプターになれば、より少数のマイナーの間でブロック報酬が割り当てられるようになっているので、非常に大きなメリットがあります。

こうした利益を得られるのはエレクトリックキャッシュがスタートしたばかりの今だからこそです。

少人数だからこそその分得られる報酬が多くなるというのもこういった新規案件に積極的に早期参入する事の大きなメリットなので、このチャンスを逃さないようにするべきであると思います。

それではそんなエレクトリックキャッシュのマイニングの購入プランに関して詳しくご紹介していきたいと思います。

まず、エレクトリックキャッシュの購入プランは全部で6種類。

それぞれ、購入金額や、ハッシュレートなどに違いありますので、自分がどのプランに適しているのかというのをしっかりと吟味してみて下さい。

■エレクトリックキャッシュ購入プラン■

《購入プラン名》プライマリー

《購入費用》$300

《マイニング日数》1,100日

《バイナリーポイント》0.50

《パワー(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》180W(215W)

《プランハッシュレート(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》3TH/s(3.6TH/s)

《購入プラン名》スタンダード

《購入費用》$600

《マイニング日数》1,100日

《バイナリーポイント》1.00

《パワー(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》350W(432W)

《プランハッシュレート(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》5TH/s(7.2TH/s)

《購入プラン名》ブロンズ

《購入費用》$1,200

《マイニング日数》1,100日

《バイナリーポイント》2.00

《パワー(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》720W(864W)

《プランハッシュレート(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》12TH/s(14.4TH/s)

《購入プラン名》シルバー

《購入費用》$2,400

《マイニング日数》1,100日

《バイナリーポイント》4.00

《パワー(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》1440W(1720W)

《プランハッシュレート(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》24TH/s(28.8TH/s)

《購入プラン名》ゴールド

《購入費用》$4,200

《マイニング日数》1,100日

《バイナリーポイント》7.00

《パワー(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》2520W(3024W)

《プランハッシュレート(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》42TH/s(50.4TH/s)

《購入プラン名》プラチナ

《購入費用》$12,600

《マイニング日数》1,100日

《バイナリーポイント》21.00

《パワー(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》8280W(9935W)

《プランハッシュレート(BTCV購入の場合は+20% TH/s)》138TH/s(165.6TH/s)

BTCVのステーキング(Staking)

エレクトリックキャッシュの獲得方法としてもう一つ、オススメの保有方法がステーキングの報酬によってエレクトリックキャッシュを獲得するという運用方法です。

ステーキング(Staking)とは、銀行で言う定期預金のようなもので、報酬を受け取るために仮想通貨をロック状態にするという行為です。

ビットコインボルトをただただウォレットに保有しておくよりも、そのコインを有効活用し、一定期間ステーキングをする事で効率的に報酬を獲得する事が出来るようになります。

このステーキングのメリットとして、ビットコインボルトをただウォレットに保管しておくだけだと保有する資産の価値は上がらないので、BTCVをステーキングする事によってエレクトリックキャッシュを獲得する事が出来るというメリットが一つ。

それと、より多くのBTCVがステーキングされる程に取引所での販売は減少しますが、その代わりに、エレクトリックキャッシュで報酬を受け取る事が出来るようになるというメリットがあります。

ステーキングのプランに関しては以下のような内容とっているので確認してみて下さい。

■1カ月ステーキング■

ステーキングされた1BTCV当たり「0.10エレクトリックキャッシュ」の報酬(10%の報酬)

■2カ月ステーキング■

ステーキングされた1BTCV当たり「0.25エレクトリックキャッシュ」の報酬(25%の報酬)

■3カ月ステーキング■

ステーキングされた1BTCV当たり「0.50エレクトリックキャッシュ」の報酬(50%の報酬)

このようになっており、例えば、3カ月のステーキングを実行した場合の報酬を例にして考えてみると、100BTCVを3カ月間ステーキングする事によって50エレクトリックキャッシュを取得する事が出来るという事です。

例えばエレクトリックキャッシュの価値が$30になったとすれば、3カ月のステーキングをするだけで$1500を獲得する事が出来るという事です。

ステーキングを上手く活用する事によって非常にお得にエレクトリックキャッシュを獲得する事が出来るようになるので、見逃せない運用方法の一つとなっています。

エアドロップによるエレクトリックキャッシュの獲得

エアドロップとはエレクトリックキャッシュを紹介する為の無償配布コインとなっており、特定暗号通貨の保有者の特定のレートによって暗号通貨を支給されるというサービスの事になります。

BTCV保有者へのエアドロップとして、1回限りですが、10BTCVにつき1エレクトリックキャッシュが支給されます。

またエレクトリックキャッシュ先行販売プランとして

新規ゴールドプラン購入で1エレクトリックキャッシュ

新規プラチナムプラン購入で3エレクトリックキャッシュを獲得する事が出来ます。

こうしたサービスも忘れずに利用するようにしましたい所ですね。

詐欺のような怪しいMMLとは違う、紹介プラン

エレクトリックキャッシュには紹介報酬プランも用意されています。

これには直接紹介報酬とユニレベル・バイナリー報酬とがあります。

直接紹介したアカウントはチームAとチームBとに分けられて、チームAのアカウントで購入されたプール金額の5%を獲得する事が出来るようになり、チームBで購入されたプール金額の10%を獲得する事が出来るようになります。

このバイナリー報酬は、だいたい朝の7時ころに集計されるとの事です。

また、たまったBTCVは新規アカウントにも使う事が出来ますし、出金もする事が出来ます。

様々なプランを利用して失敗のない賢い運用方法を

ここまで見て頂ければわかって頂けたかと思いますが、エレクトリックキャッシュを獲得する為の方法は本当に色々とあります。

もちろん基本的なマイニングプランももちろんですが、エレクトリックキャッシュの特性を見ればわかるように、ビットコインボルトとも密接に関わっている内容となっています。

BTCVの可能性とエレクトリックキャッシュの可能性、これらが絡み合って運用している者にとって様々な利益をもたらしてくれるようになっているのがエレクトリックキャッシュの、そしてビットコインボルトの特徴だと思います。

そして、このように様々な運用方法を提示しているマイニングシティも非常に多くの可能性を感じてしまいますよね。

だからこそ、その未来に期待しかありませんし、そうした期待値によってエレクトリックキャッシュの価値も爆上がりしていくという事が明確になってきます。

様々な要因があってエレクトリックキャッシュがこれから先、非常に価値のあるものになっていくという事がこの事からもわかって頂けるのではないでしょうか。

仮想通貨の運用を始めたい方へ

メリットとデメリット

メリットとデメリット

マイニングシティのエレクトリックキャッシュについて、色々と説明させて頂きましたが、そこには様々なメリットがあるという事もわかって頂けた事かと思います。

そこで、ここではそんなエレクトリックキャッシュのメリットやデメリットの部分に関してもまとめて記載させて頂きますので、ここまでの話のまとめとして、是非参考にしてみて頂ければと思います。

メリット①

エレクトリックキャッシュの最大のメリットの一つはこれから値上がりするという事がほぼ確実に決まっているという事に他なりませんね。

やはりマイニングシティでのビットコインボルトでの実績があるというのが大きいですし、さらにはそのビットコインボルトとも密接にかかわっているという事が多くの投資家の方々からも期待されている要因の一つだと思います。

仮想通貨の運用をしていくのに大切なのはやはりどの仮想通貨に投資するのかという判断になります。

その判断要素が非常に多くあるというのはこれから仮想通貨の運用に取り組んでみたいという人にも安心して利用出来る大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

こうしたメリットがあるからこそ私もこうして記事にして皆さんにオススメさせて頂きたいと思ったほどです。

メリット②

これまでの仮想通貨の弱点をカバーした流通通貨としての運用性の高さ。

エレクトリックキャッシュはその目的自体が流通通貨として使われる事を目的としているようです。

その為に、これまで仮想通貨におけるデメリットとして存在していた送受信に時間がかかるという事や、手数料の高さ、そういったデメリットの面をカバーしているというのがエレクトリックキャッシュの大きなメリットの一つだと言えます。

またこうしたメリットが今後の仮想通貨の使われ方にも関わってくるかと思いますので、そうした時にもまたエレクトリックキャッシュの見直しがされ、さらなり価値の上昇につながる可能性もあるのではないでしょうか。

メリット③

エレクトリックキャッシュのメリットとして挙げたいのは、その運用プランが豊富に用意されているという事。

もちろん6種類のパッケージプランがあるという所もその魅力の一つではありますが、その他にもビットコインボルトのステーキングや、エアドロップ、紹介プランなど、様々な運用プランが用意されているという所も見逃せないメリットの一つとなっていると思います。

こうして利用者が様々な方法で運用できるという事は、色々と発展した利用が出来るというような可能性も増えるという事なので、いろんな考え方が出来るようになるというのも嬉しいポイントですね。

メリット④

最後にメリットとして紹介させて頂くのは、アーリーアダプターとして先行者利益を獲得するチャンスに溢れているという所です。

仮想通貨で大きな利益を獲得する為にもっとも大事だと言われているのは早期参入という事。

エレクトリックキャッシュは2021年に運用が本格化される仮想通貨なので、まだまだ参加者は極少数です。

その為参加者のすくない今だからこそ得られるこのメリットを最大限に活かす為にも1日も早い参加が重要となります。

デメリットについて

正直仮想通貨で稼ぐとなればエレクトリックキャッシュにはデメリットはあまり見当たらない気はするのですが、あえてデメリットを上げるとすると、やはり仮想通貨というものは永遠に価値の下がらないものはないというような事でしょうか。

特にエレクトリックキャッシュに限った話にはなりませんが、仮想通貨とはそういった要素はどうしても持っているものです。

もちろん計画的に利用すれば大損をするという事はないので安心していてもらいたいと思いますが、思うように成果が出ないという事はあるかもしれません。

とは言え、仮想通貨とはそういうものですし、エレクトリックキャッシュの場合はその中でも非常に高い可能性を秘めていて、業界の期待値も高いものだからそこまで不安に思う必要はないでしょう。

ただし私からは仮想通貨の運用は自己責任でとしてか言えませんので、そこはご自身でよく考えてみて下さい。

仮想通貨の運用を始めたい方へ

悪い口コミなども見当たらないエレクトリックキャッシュはオススメ!

悪い口コミなども見当たらないエレクトリックキャッシュはオススメ!

長らくお付き合い頂きましたがいかがだったでしょうか?

私がエレクトリックキャッシュに注目している理由がお分かり頂けたかと思います。

マイニングシティのこれまでの実績であったり、ビットコインボルトの爆上がりの事を見てみればそれも納得頂けるかと思います。

仮想通貨は難しそうだと思っている方もいるかもしれませんが、このように、しっかりとした情報を掴む事が出来れば何も恐れる事はありません。

資産運用として大きな可能性を秘めているものですので、これを機に是非積極的な運用をしてみてはいかがでしょうか。

それでは、この記事が皆さんの何かのお力になれる事を願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨の運用を始めたい方へ