マイニングについて

マイニングについて

マイニングというのは仮想通貨を管理していく上で最も大切なものです。

こうしたマイニングの事に関してしっかりと知識を持っておく事でエレクトリックキャッシュの可能性やマイニングシティの運用に関しての理解も深める事が出来るようになるでしょう。

そうしたマイニングという事について、ここでは少し掘り下げて説明していきたいと思います。

仮想通貨の運用をはじめたい方へ

採掘と呼ばれるマイニング

仮想通貨とは、一定期間ごとに全ての取引記録を一つの大きな取引台帳に追記していく事になるものです。

こうした追記の処理にはネットワーク上に分散されている取引台帳の保存データと、追記対象期間に発生したすべての取り引きのデータとの整合性を取りながら正確に記録する事が必要となってきます。

こうした整合性を計るという事がいかに大変な事か、という事はおそらく想像に難しくない事だと思いますが、実際問題として、この作業をする為には非常に高い電気代も必要になりますし、沢山の機材も必要になってきます。

理論上は個人でのマイニングという事も不可能というわけではないのですが、それはとても現実的な事としては考えられません。

こうしたマイニングという行為は今では多くの企業が参加しているので、その中で勝ち抜くためには電気代、人件費などのコストを出来る限り最小限に抑えながら膨大な計算をしていく必要があります。

マイニングシティではそういったコストを最小限に抑えマイニングを行っているので、安定した成果を残す事が出来ているようです。

仮想通貨の管理者とは

仮想通貨というのは円やドルといったものとは違う通貨として新しく誕生した通貨です。

しかし、そこに大きな違いとして何があるのでしょうか。

その最大の違いとなるのが、通貨を管理する「中央銀行」が存在しないという事。

仮想通貨の場合には発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないという特徴があるという事です。

この管理者がいないという事がどうも非常識であり理解しにくいポイントとなっているかもしれませんが、そうした中央銀行を持たないものだからこそマイニングという行為が絶対的に必要になり、そしてそのマイニングによって発行される通貨が新規発行のものとなるので、採掘というマイニングの語源ともなっているのです。

ビットコインボルトの功績

実は有名なビットコインでは既にその大半を極少数の人だけが保有しているような状態にあり、非中央集権型の仮想通貨の特徴が成り立たなくなってきていたのです。

そこで、ビットコインボルトでは公平な分配がされ、非中央集権型の仮想通貨ならではの特徴を活かす為に2020年にはその価値が跳ね上がりました。

こうした背景もビットコインボルト、エレクトリックキャッシュの価値が上がる要因となっているのです。

仮想通貨の運用をはじめたい方へ
TOPページを見る